実印どこで売ってる

実印はどこで売ってるの?

実印,どこで売ってる

実印ってどこで売ってるの?」という疑問の答えは「はんこを売っているところならどこでも」!実印が必要だけど持ってない…そもそも実印って何?という人も多いかもしれないね。

 

実印」は商品名じゃなくて、”実印として使うことのできる印鑑”のことを言うんだって。だから、お店で「実印ください」って言っても普通の印鑑をおすすめされることが多いと思うよ。

 

ここは人の価値観にもよるけど、100円ショップで買った印鑑でも、高級はんこ店で買った印鑑でも、あなたが「実印にします」とすれば実印として使うことができるんだよね。

 

手軽に100円ショップで入手するも良し、昔ながらのはんこ店で作ってもらうも良し。手軽な売り場としては、100円ショップ以外にもホームセンターやスーパーに売り場があることも。

 

あなたが実印として納得できる範囲で選んでみてね。手軽に入手したものでも紛失すると大変だから、実印として使ったときはきちんと保管して、どこにやったかわからない!なんてことがないようにしてね。

実印が買える場所を知りたい!

実印,買える場所

実印を買いたいけど買える場所はどこ?と思っている人は、まず「実印」という商品がないことを覚えておくといいかも?

 

実印」は利便上そう呼ぶのがわかりやすいから使われている言葉だけど、実際はどんな印鑑でも「これを実印として登録します」と言えば実印になってしまうんだよね。

 

だから、実印を買うならどこで?という質問の答えは「印鑑を取り扱っているお店ならどこでも」となるよ。100円ショップ、ホームセンター、ちょっと大きめのスーパーなんかにも売り場があるかも。

 

あとは昔ながらのはんこ屋さんや、今ならネット通販でも気軽に購入できちゃうんだよね。ちょっと珍しい名字の人は、名前を指定して作ってもらえるはんこ屋さんやネット通販が良いんじゃないかな。

 

女性の場合は結婚で名字が変わるから、名字じゃなくて下の名前で作る人も多いよ。名字じゃなくて大丈夫なの?と思うかもしれないけど、下の名前でもちゃんと実印として認められるから安心してね。

 

ネットで実印を作るなら、即日発送で10年保証や印鑑デザイン確認サービスのあるはんこプレミアムが安心

はんこプレミアム

どうしても即日発送で実印が欲しい!という人におすすめの通販サイトが「はんこプレミアム」。

 

素材も豊富に、オーソドックスな角、木材から耐久性に優れたチタン、女性に人気のカラーチタンやパワーストーン系まで豊富な取り揃えで、即日発送で注文したいときに迷ってしまうかも!?

 

素材の豊富さやサービス性は即日発送じゃなくても良いな…という人も一見の価値ありかも。このはんこ屋さんは、営業日の14時までの注文であれば即日発送してくれるスピードが売り。

 

素材によって即日発送ができないものもあるから、各製品ページをしっかりと確認してね。通販サイトながらも安心の10年保証や無料の印鑑デザイン確認サービスもあって、納得の実印選びを助けてくれるよ。

 

 

高級感のある実印を作るなら、女性におすすめの宝石印鑑が作れる平安堂で

平安堂

ちょっと高級感のある実印が欲しい!という人におすすめの通販サイトが「平安堂」。お店の名前もどことなく優雅な感じがするよね。

 

平安堂の人気ラインナップは本象牙、黒水牛といったオーソドックスな素材から、女性におすすめの宝石印鑑まで!

 

光を集めるかのような透明感が特徴的なクリスタル、ローズクォーツ、白水晶、青水晶、緑水晶や、乳白がかったパステル調が優しいムーンメノー、男性女性問わず違和感なく持てるタイガーアイ、ラピスラズリ、翡翠などがあるよ。

 

印鑑供養などもおこなっているはんこ屋さんで、良いものを入手して大切に扱いたいと願う人に、特におすすめしたい通販サイトかな。

 

通販を利用したいけどちょっと高級なものが欲しい、長く愛用できるものが欲しいなら平安堂を検討してみてね!

 

 

実印を作るなら10年保証サービス&人気の素材が豊富なはんこdeハンコで!

はんこdeハンコ

素材は角系・木材で、温かみと高級感のある実印を作りたいという人におすすめの通販サイトが「はんこdeハンコ」。

 

特に黒水牛・彩樺・楓はお店の人気ランキングでも常にトップに入っている人気の素材!

 

どれも男性・女性問わず大人が持つ実印としてふさわしい高級感と耐久性を備えているし、価格の3,000円台〜5,000円台と手頃に抑えられているのも好感度が高いよ。

 

はんこdeハンコの大きな特徴は、通販サイトであるにもかかわらず安心の”10年保証”サービスが受けられること。

 

なんと購入から10年以内であれば無料の彫り直しが受けられるの。日常のトラブルで万が一「はんこが欠けてしまった…」なんてときにも慌てずに済むのは大きいよね。

 

実印はネットで買って大丈夫?

実印,ネットで買って大丈夫

実印をネットで買って大丈夫?いろいろ危険が多いって聞くんだけど…」こんな声をよく耳にするけど、具体的にネット通販での実印購入にはどんな危険があるのか知らない。

 

こんな人も多いんじゃないかな。ネット通販での実印購入が危険と言われる理由の一つは「通販サイトそのものが怪しい」という部分が大きいんだよね。

 

連絡先も記載されてない、経営者の所在地や連絡先が海外になっている、サイトの作りが粗雑、質問などのメール対応が遅すぎたりなかったり…。

 

こういう通販サイトを選んでしまうと、「注文したものが届かない」「注文した内容と違うものが届いたのに対応してもらえない」などのトラブルも多いんだ。あとは、クレジットカードの情報や住所などの管理がずさんな可能性もすごく高いの。

 

安全にネット通販で実印を購入するなら、日本の企業でそれなりに長い経営の歴史があること、実店舗も構えているはんこ屋のサイトを選ぶこと、口コミでの評判を確かめることなどがポイントになるよ!

実印って何に使うの?

実印って何に使うの

実印って何に使うの?よくわからないけど必要みたいだし作っておこうかな…。必要になって初めて意識することの多いはんこ・実印。

 

一体実印は何なのか?できる限りちゃんと理解してから持ちたいと思っている人は多いよね。実印とは、「自治体で印鑑登録した際に使った印鑑」のことを言うんだけど、それがどうして必要なのか、よくわからない…なんて人も多いのかも?

 

実印は各種契約のときなんかに使うわけだけど、基本的にはんこって自分自身で押すものじゃない?なので市区町村に登録した印鑑を自分で押す=あなたがあなた自身の意思で決定したことを示す大切なものなんだよね。

 

ちなみに、実印として登録することのできるはんこは100円ショップやネット通販でも購入できるんだけど、大きさの規定があるので、購入を決める前にきちんと把握しておいてね。

 

一般的に8ミリ以上〜25ミリ以下のことが多いけど、市区町村によって微妙に違いがあるのが注意かな。自治体のホームページを見たり、問い合わせしたりで確認するのが良いね。

必要な時に実印ってすぐ作れる?

実印ってすぐ作れる

実印ってすぐ作れるのかな?はんこ屋さんで作るならどのくらいかかるのかな?

 

ちょっと調べてみたけど、実店舗の個人経営のはんこ屋さんで「即日でお願いしたい…」と頼めばその日のうちに作ってもらえることもあるけど、基本的に新しく彫ってもらうなら即日は厳しいかも、と覚えておくと良いみたい。

 

100円ショップや大きめのスーパーにある既成品でもいいけど、やっぱり自分だけのを彫りたい!という人や、名字がちょっと珍しくて彫らないとだめ…という場合は、作るのにある程度の時間が必要と思っておいたほうが良さそう。

 

特にネット通販だと注文から手元に届くまでの時間もあるし、全国展開しているはんこ屋さんだと「まとめて作成」のことが多いみたいで、こっちもけっこう時間がかかるみたいだね。

 

どうしても明日には実印が必要!という場合はまず既成品で登録しておいて、後からしっかりした印鑑を使って登録を変えることもできるから、焦って作って後悔…なんてことにならないようにしたいよね。

実印って必要なものなの?

実印って必要

実印って必要なの?作っておいたほうが良いの?と思ってる人もいるかもしれないね。

 

実印は必要な場面が限られていて、使用頻度はとても低いんだけど、車や家を購入したい!など何らかの契約が必要なシーンになると絶対に必要になる印鑑だよ。

 

だから、個人的には焦って作る必要もないと思うんだけど、いざ使うシーンになって実印がない!というのも困っちゃうよね。

 

実印として登録する印鑑のポイントとしては、真似されないようなちょっと複雑な字体で彫ってもらうことや、女性の場合は結婚後に名字が変わることを考えて下の名前で彫ってもらう…とかかな。

 

市区町村によっては「フルネームの印鑑じゃないとダメ」なんてところもあるから、稀ではあるけど作る前にきちんと確認しておくと失敗がないと思う。

 

住んでいる市区町村の実印の規定を確認して覚えておいて、いざ必要になったときに作って登録する。でいいと思う。

 

どちらかと言うと備えて作っておくと言うよりも、必要になってから考えるはんこ、というところかな。

実印の素材のおすすめについて

実印,素材,おすすめ

実印として登録できるはんこ選び、字体や価格も重要だけど、はんこの素材がいっぱいあって「どれが良いんだろう?」って思うことない?

 

実印用としておすすめされるはんこの素材は大きく分けて黒水牛やオランダ水牛などの「角系」、白檀や薩摩本柘などの「植物・木材系」、チタンや琥珀などの「金属・樹脂系」があるよ。

 

それぞれ特徴も価格も違うから、あなたのライフスタイルに合わせて選択するのが良いね。材質によって実印としての機能に差が出るわけじゃないから、結局は個人の好みになっちゃうんだけど、手軽なところではプラスチック製がもっとも安価かもしれない。

 

ただ、自治体によってはプラスチック製は実印として認めませんと言っているところもあるから、注意しないといけないかな。

 

私のおすすめは耐久性が高くて割れにくく、高級感もそこそこある素材。人によっては良い香りがすること(白檀)、持っていてお守り代わりになること(琥珀など)を重視する人もいるから、自治体の実印ルールと照らし合わせながら選んでみてね。

page top